最近は「P☆League」などテレビ放映されたりと人気が再加熱しているボウリング。多くの方が遊びで1度は行ってみたことがあるのではないでしょうか。一昔前は1ゲーム1ゲームが意外としたりとちょっとやりこむには敷居が高かったイメージもありましたが、最近ではエンターテイメント総合施設などで安価の投げ放題なども実施されていたりと敷居も下がり、1人で通われる方も少なくありません。そんなボウリング、皆で楽しくやってみませんか(^^)今はその人気もあり、各ボウリング場ではレベルの高くないイベントなども多く開催されています。そういうイベントで、レベルを気にせず、同じ趣味を共有する方々と投げるのも楽しいものです(^^)その上ボウリングはフィジカル(身体)よりメンタル(精神)のスポーツと言われることもあり、老若男女誰でも楽しみやすいスポーツです。この機会にいかがでしょうか(^^)ボウリングの良さとして、プロ選手との距離感が近く、上記のP☆Leagueなどで活躍されている各プロ選手と一緒に投げられるプロチャレンジマッチ(プロチャレ)などもあり、顔知れたプロに実際に接する機会も少なくありません。そういうのも楽しいですよね(^^)

イベントに参加の際はボールとシューズは自前のものとなりますが、今はすごく安価でそろえられるんですよ。例えば上記の有名店、ラウンドワンなどでは3回普通に通いスタンプを集めると、ビギナー用のボールではありますがドリル(ボールに自分の指にあった穴をあけてくれる)付きで2,100円、シューズも1,480円と格安購入できるサービスもあります。自前のボールがあると良いですよ(^^)ハウスボールの延長線上のボールではありますが、毎回同じ重さの指にあったボールを投げられますし、シューズにしても滑りやすさなど安定し、投げやすさ抜群です。特にシューズはボウリング場のレンタルですと誰でも使えるよう左右対称の滑る靴裏となっていますが、本来は右投げ用・左投げ用と左右非対称の靴裏(片方が滑るタイプ、もう片方が滑らないタイプ)なんですよね。キャリーケースもショルダーベルト付のものやキャスター付きのものなど、持ち歩きしやすいものも多く出ていますし(1個用から4個用)、今はローカー完備のボウリング場も多いので、投げる場所を決めているならばそこのロッカーを契約し、ボールなど一式を預けておくこともできます(毎回手ぶらで行き来できますよ)。

そうはいってもボウリングは重いボールを曲げないとスコアーも伸びず難しいと、引いてしまう気持ちも抱きやすいですよね。実際、重いボールの方がピンアクションも良く、ピンが倒れやすい上、確かに最近は回転数が高く、ピンをよく跳ねる流行りの両手投げや、角度的にストライクの入りやすい大きく曲がるカーブ、鋭角に曲がるフックボールをマスターされる方も今は少なくないのも事実です。しかしそれもコントロールあってのしろもの。イベントで何人にも混ざって複数で投げるとなると自分が次に投げるまでの間隔がまちまちになったり、投げる際に他のレーンの投球者が視線に入ったりと自分のリズムも取りづらくなったり、多くの方が曲げる軌道で同様に投げるためオイルがどんどん伸びて薄くなったりとレーンコンディションも変わりやすく(投げるごとにレーンのオイルは薄く伸びていき、多いとボールにいくら回転をかけても真っすぐ滑っていってしまいますし、薄いとレーンに回転が伝わりやすく予想より曲がりすぎたりも)、人によってはアジャスト(レーンと自分の投げるボールの軌道の一致)させるのに悪戦苦闘するケースも起こりえます(曲げる場合、オイルが多いとボールが直進していってしまいサイドの溝に落ちやすくなったりも)。そういう意味では軽いボールでストレートを投げる方が疲れで身体がブレたり、ボールに振り回されるようなことも少なく投げやすいですし、その分集中して投げられ確実にスコア−も加算し、最終的に安定するなんていう方も見受けられたりもします。

他にも利点はいくつもあり、技術的引き出しが多いに越したことはありませんが、ストレートだけでも案外やりようはあるんですよ。上記の例でいえば、アジャストするのに四苦八苦されている方を尻目に、影響の出にくいストレートの方がスコアを崩さず上手くいくことすらあります(確かに曲げた方がストライクになりやすい箇所(スポット)も広がりますが、左投げの方や通常と逆回転の右手投げのバックアッパー、ストレート主体の方は、投げる人が少ない分レーンコンディションの変化に左右されたりと悩まされることも少ない利点もあります)。それにストレートの特徴として、本当にど真ん中に行ってしまうと、ピンが離れて残るスプリットが出やすくなってしまいますが、果たしてそこまでボールがど真ん中にそう行くものでしょうか?投げる際、ほんの数ミリズレただけでも、ピンに届く際は数センチのズレと大きな差異が出てしまうものです。むしろズレて当たり前。そう考えるとスプリットが出るのはよほどコントロールが良い証拠なのかなとも(^^;)実際、そのズレた場所にこそ、曲げる場合と比べれば確かに幅は狭くなりますが、ストライクになりやすい箇所(スポット)があります。ただ軽いボールですとピンアクションが弱く、ヘッドピンのすぐ後ろの5番ピンがどうしても残りもやすくはなりますが、まあ残っても狙いは同じド真ん中、変に難しく考え込んで力むこともなく2投目も投げやすいですからね(^^;)ようは自分が楽に投げられるボールで自分の投げ方を固められれば案外なんとかなるものなのです。スマホや家電製品と同様に色々とできる機能豊富な高スペック(性能)の新しい製品がいくらあったとしても、自身がその機能・性能を使いこなせなければ意味はありません。新しい「80」の高スペックの機能を30〜40%しか使いこなせないより、「60」のスペックの高くない以前の使い慣れた製品を60%使いこなせている方が、安心感も底上げをしつつ結果につなげやすいのは必然ですからね。そういう点では高くてよく曲がる重いボールも当面は必要ありませんし、重いボールを投げる力(腕力・握力・手首(リスト)の力)=フィジカル的要素や曲げられる技術的要素が有るに越したことはありませんが、現状なければないでどうにでもやりようは十分あるものです。だからこそボウリングは何よりメンタル(精神)のスポーツと言われ、老若男女誰でも楽しみやすいスポーツの1つとなっています。レーン自体も最近は近未来的なスペースとなっているところもあり楽しいですよ(目がチカチカして投げづらいという方もいますが(^^;))。ちなみに大抵の方は12ポンドから15ポンドのボールを使われていますが(ピンアクションが良い重いボールは1投目用に、微細なコントロールのしやすい軽いボールは2投目のスペアーボール用にと使い分けるのもやりやすいです)、握力・手首(リスト)の力の弱い自分は、12ポンドと9ポンドのボールを併用していました(身体に故障個所を抱える今は9ポンドのボールのみを使用=軽い分持ち運びも楽です)(^^;)

そんなボウリングで、今度は選手としてレーンに立ってみませんか?
別にプロとしてというわけではありません。
同じ興味を分け合う方々と共に、気軽に楽しくやってみましょうよ(^^)

では、両手投げやカーブ、フックボールが多用され主流となる今、
あえて触れられることのない「ストレートの強み」などを見てみましょう(^^)!

利点:

・レーンの影響を受けにくい!

重いボールでカーブを投げる方が角度的にも一番ストライク率が高いのは事実です。しかしレーンに塗られているオイルの量などレーンコンディションにもより、人によってはアジャスト(レーンと自分の投げるボールの軌道の一致)させるのに悪戦苦闘するケースも起こりえます(レーンのオイルは基本手前が多く奥は薄く塗られていますが、投げるごとにオイルは薄く伸びていき、多いとボールにいくら回転をかけても滑っていってしまいますし、薄いとレーンに回転が伝わりやすく良く曲がります)。その分、ストレートですとそういう影響は受けません。確かに大きく曲がるカーブや直線軌道から鋭角に曲がるフックボールを身につけると、自身の引き出しが増える分、離れたピンが残るスプリットなどが出ても物によっては狙いやすくもなりますが、まずは自身の癖を知り(筋量や柔軟性、過去の怪我などフィジカル面からの個人差は必ずあり、それは他者と比較し合わせるようなものではありません)、それに沿ってのコントロールを磨くうえでも無理にカーブなどを投げる必要もなく、ストレート1本でもかまわないのです。

・ズレてこそのストレート!
前述の通り、本当にど真ん中に行ってしまうと、両サイドが残りスプリットが出やすくなってしまいますが、果たしてそこまでど真ん中ってそう行くものでしょうか。投げる際、ほんの数ミリズレただけでも、ピンに届く際は数センチのズレと大きな差異が出てしまうものです。むしろズレて当たり前。そのズレたポイントに、曲げる場合と比べれば確かに幅は狭くなりますが、ストライクになりやすいポイント(スポット)があります。


投げ方:

・まずは立ち位置を見よう!

大抵の方はレーンの先頭にあるヘッドピンに対し真っすぐ正面に立つと思います。そこでボールの位置をよく見てください。身体はピンに対し視線(頭)は真ん中正面ですが、肩幅の分、ボールは真ん中の位置からずれてしまいますよね。その分、投げる際は肩や腕で少し引っ張る必要があり、これが疲れや気負いも伴いコントロールが荒れる原因となります。レーンに立った際、ヘッドピンのある板の延長線上にボールを持つ腕の肩がくるように
立ち位置を肩幅分、聞き手と逆側にズラして立ってみてください。その後は胸を開いて姿勢を正し、上体を上げた状態で助走スタート(気持ち足取りをゆっくりにすると、ボールに質の良い前進力(ピンを押す力)が自然と乗りやすくなりますよ(^^))。そのままボールの重さに任せ、腕をまっすぐその板の上を通すようにしてボールを「投げる」というよりかは、その板のファールライン前方にゆっくり「置く」くらいの感覚で。腕を大きく振るとその分ボールに勢いも付きますが、反面コントロールがブレやすくなってしまいますので、初めはコントロール重視ということで(^^;)ボウリングは押す力とそれに見合ったコントロール(当たる角度と場所)の関係性が重要なり、勢いよりもむしろコントロール(当たる角度と場所)が大切なんですよね(^^)だからと言ってコントロールを気にするあまり腕が縮こまってしまっても、コントロールは安定しません。腕をしっかり伸ばし、終始親指をヘッドピンに向けておく事もお忘れなく(^^)始めは肩を真ん中にした際の軸足のある板を把握し、投げる際に軸足がその板の上にあるか、腕は真ん中の板の上を通っているかに気を留める意味で、目線を足元にしてみても良いかもしれません。そこから少しずつ視線を前に向けていき、自分のコントロールが安定しやすい位置をゲームの序盤で見つけたいですね(イベントでは練習投球の時間がありますので、その時間帯にでも)。その時その時の身体コンディションによっても多少のずれが出てきますので、その都度確認しながら(^^)

・前述の5番ピンが残った際、2投目はそのピンのある板の「隣の板」の上をまっすぐに!
2投目で真ん中よりの1本残りの場合、どうしても意識してしまい投げる際に力みが生じ引っ張りがちになり、ピンの真横を抜けていったりしてしまいます。それを考慮し、
右利きであればピンのある板の1枚右隣にズラした板上を、左利きなら1枚左隣にズラした板上を通すようにすると、多少ズレてもピンの倒れる率が高くなります。

・端のピンを狙うときは目の錯覚に注意!
左側の4番、7番ピンや右側の6番、10番ピン等の端のピンを狙う際、ストレートを投げようにもリターンラック(ボールが戻る台)が邪魔になって投げづらかったり、端の溝の圧迫などでコントロールが乱れたりすることも少なくありません。かといって真ん中から対角線に投げると、ピンの手前で端の溝に落ちてガーターなんていうこともよく起こります。実際のところ、この投げやすい真ん中から対角線で投げるという発想は間違いではありません。しかしここで一番の原因となるのが、実はレーン上にV字に三角形を並べた「
スパット」と呼ばれるラインなのです。このコントロールの目安にと書かれているスパット、レーン縦幅の1/3あたり=手前より真ん中寄りに描かれているようなイメージを起こしやすいのですが、実は手前側1/4の位置に書かれています。投げる際はどうしても視線が手前に来ることもあり、そのラインが視野に入る分瞬間的に無意識下で引っ張られてしまう事も併せ「認識のズレ」という錯覚を起こし、真っすぐ引いたイメージ上の板の上を通すように投げているつもりが、どうしてもボールがピン手前で溝に落ちてしまいがちにもなります。レーンの中央に立って身体を残ったピンに対して正面に向かせ、そのピンと肩・ボールのラインを一枚の板でつなぐイメージをして投げる。それ自体は正解です。ただそのイメージの中で、「認識のズレ」が起ることを事前に考慮し、実際のピンではなくその残っているピンと基準線となる1番ピンのあった板の奥、同じ横線上の真ん中を始めから狙いましょう。特に右利きでボールを曲げる方は右端の10番ピンが取りづらいとも言われますが、イメージ重視のこの投げ方ですとそういう苦手ピンも解消されやすくもなります。3列目の端ピンとなる4番や6番ピンなども、このイメージの上で立ち位置だけスライド・横にズラせば良いだけと思えば、気も少しは楽になりますよね。




(*)2投目はどうしても1頭目のアフターケアとしてコントロール重視となるため、スペアーボールとして軽いボールを用意しておく方もいます。そのため、右側優先のルール(後の「ルールとマナー」参照のほど)にのっとり隣の方が投球順を譲ってくれたとしても、あえて「お先にどうぞ」と後手にした方がいいかもしれません。ゆずられると急いで投げなくてはと心のどこかで思ってしまい投げ急ぎからリズムを崩しやすく、その上その気負いから力みも生じやすく、大抵の方がねらい目より引っ張ったりとコントロールを乱しやすくなります。2つ隣のレーンなどはルール上気にする必要は基本ないのですが、投げる際に誰かが視野に入るとどうしてもその存在という圧力を受け、コントロールに支障をきたしてしまうものです。そういう場合も一旦後ろに下がりレーンから降りて一息つき、再スタートとした方が良い結果を生みやすいですね(^^)複数で投げる分、同じレーンの方を確かに待たしてしまいますが、そうはいってもほんの数十秒の事な上、毎回というわけでもありませんし大した時間でもありません。細かいことは気にせず図太さがものを言います。微細な影響も離れたピンには大きな影響を与えますからね。その辺がメンタルのスポーツと言われる所以でもあります(^^)


スコアの伸ばし方:

・1フレームと9フレームは特にマークを付けることを狙って!

ゲーム中、常に狙ってはいると思いますが、特に1フレームと9フレームは、スタートダッシュおよびスコアを跳ね上げる最後のフレームとなるので、出来るだけマーク(ストライクもしくはスペア)は付けておきたいですね。

・連続ストライクが途切れた時の2投目を大切に!
大抵ここで気持ちが切れてしまいがちですが、次につながるかどうか、そこで流れもですがスコアの伸びが大きく変わります。
・スプリットが出たときの追加の1ピンが最後に大きくものをいう!
よく「スプリットは腕の見せ所」とも言いますが、スプリットが出ると2投目でスペアーを取るのは正直難しいですよね。ならば片方だけでもしっかりとっておきましょう(^^)その方が変に難しいことを狙わず、気楽に投げられます。それが良い結果を生み出すことも(^^)

・スプリットの次のフレームではタイミングを外そう!
スプリットは取るのが難しい分、その次のフレームではスコアをカバーしようと気持ちが先行する形で力みも生じやすくなり、コントロールを乱す傾向が強く現れます。それもあって「スプリットは流れを変える」とも言われますよね。それゆえにレーンに一度経ってからあえて一旦戻ってやり直したり、レーン上で深呼吸したり肩をまわしたりと、1テンポずらす形で投げるほうが得策となることも少なくありません。


(*)ゲーム後に総数としてのストライク数、スペアー数、ノーヘッド数、スプリット数は毎回チェックしておきたいところですよね(目安としては3ゲームごと)。ですのでスコアシートは是非持ち帰りましょう(^^)!


イベント:

各ボウリング場では気楽に参加できる色々なイベントが開催されています。お店にも張り出されていますが、HP等でも確認してみましょう。参加の際は電話などで必ず事前予約を入れてくださいね。ボウリングは基本1レーン2人程度となるため、イベント時の使用予定レーン数により定員が定められてしまいます。

例)ラウンドワン

マイボカップもしくはビギナーズカップ(アベレージ160以下)

スタッフと投げよう(制約なし)

スタッフチャレンジ、プロチャレンジ
(制約なし、ハンデ込みでスタッフやプロよりスコアーが上の方は全員勝利者賞)

これらのイベントではハンデキャップ制が取られ、各々に応じたハンディキャップが各ゲームごとに加算されます。基本ラウンドワンの場合、イベントに初めて参加される方や前回から6か月以上期間が空かれている方は年齢および性別によって決められたハンデキャップが採用されます(そのため初参加のイベントではスコアー的にどうしても苦しくなってしまいますが、次回以降のために雰囲気などになれるための練習と思ってください)。以降は前回のスコアを基にしたセンターアベレージハンデキャップが採用されます(順次押し出しの形で最新6か月分のスコアデータが採用対象となります)。このセンターアベレージハンデキャップは全国店舗で共通のものとなりますが、店舗により独自ルールを適用している店舗もあります。


(*)なおラウンドワンのイベントでは参加人数にもよりますが、上位の他にも5飛び賞(5位、10位、15位など5の倍数順位)や7位(ラッキーセブン)、ブービー賞(最下位から2人目)、男女ハイゲーム賞(ハンデを含まないハイスコアー賞)など賞与も多く、該当者には施設使用権がイベント後の表彰式で授与されます。イベント参加費も高くない上に、次回などに使える施設券をもらえる機会も多いのは楽しさ倍増ですよね(^^)


ルールとマナー:

・イベント時は基本「アメリカン方式」!

通常ボウリング場で楽しむ場合は1レーンのみで投げ続けますよね。これを「ヨーロッパ方式」と言います。一方でイベントでは基本、リターンラック(ボールが戻る台)を挟んだ1ボックスを使い、自身の順番では
左右のレーンで1フレーム(10ピン)ずつ交互に投げるアメリカン方式となります。次のゲームは前のゲームスタート時と逆のレーンから投げ始めます(その都度間違わないよう、前面の画面にどちらのレーンで投げるか矢印表記がされるのでご安心を)。

・イベント時の練習投球は基本1投ずつ!

イベント時などはゲームを始める前に10分程度練習時間をもらえます。限られた時間ですので基本1投ずつとし(同じボックスの方々と相談し、通常のまま10ピンずつとするのも自由です)、回転良く皆で投げていきましょう。本来はレーンのコンディション(オイル状況によるボールの曲がり具合)を見る時間ですが、
ストレートを軸とする場合はオイルの影響も受けづらいため、その日、その時の自身の身体のバランスや状態、傾向を把握するための練習投球と考えると良いと思います(前日の寝ぞうや湿度によるムクミなどでも身体のバランスが変わることもありますし、その時その時の微細な身体の変化を知ることも重要です)。寝不足や疲労過多で足元がおぼつかず、ふらつきがちなら、歩幅を狭くして前目の位置から投げてみたり、いつもと同じように投げているのに狙い目からどちらかに逸れる傾向が強い場合は、自身の立ち位置をその分ズラしてみたりも。ボールを無理にコントロールしたりしようとするより、その時の自身の身体状態を知り、その傾向をそのまま活かせるよう立ち位置などをズラしたりと合わせることでコントロール(^^)V

・投球は基本、「右側優先」!
投球は基本隣り合うレーンで右側の方が優先となります。隣のボックスの方と同時にレーンに上がってしまった場合、自分が左側なら一回レーンから降りて相手に譲りましょう。もし右側の方が2投目のスペアーチャンスの場合は、投げ急ぎはミスの素となるので、「先投げます?」などと選択肢を相手に譲って聞いてみても良いかもしれませんね(^^)

・ストライクやスペアーを取った人には笑顔とハイタッチでお出迎え(^^)V
同じレーンやボックス、近間の参加者などがマーク(ストライクもしくはスペアー)を付けたら、笑顔ととハイタッチで迎えてあげましょう(^^)!そうする事で嬉しさなどを共有・共振でき、互いに一層ウキウキ楽しく投げられますよ(^^)それが自身を良い波、良いリズムに乗せることも=幸の連鎖(^^)V

・ファールはノーカウント(><)!
ファールラインを超えるとスコアーに「F」マークがつき、ガーターと同じ扱いとなります。もし1投目がファールなら何本倒していたとしてもガター扱い(0カウント)として2投目には10ピンセットしなおされてしまいます。もし2投目でしたら、何本倒したとしても2投目のスコアーはガター扱い(0カウント)となります。

・スコア修正はスタッフに!
イベントですので、公正を期すためにモニター上のカウントミスなどは面倒でもスタッフを呼んで修正してもらいましょう。

・端の溝に一度落ちたボールがレーンに戻ってきて倒したピンはノーカウント!
よく端を狙った際など、一度端の溝に落ちたボールが反動などで登ってきてピンを倒してしまうことがあります。しかし一旦溝に落ちた時点でガターとなり、その後ピンが倒れたとしてもカウントされません(ボウリングはメンタルのスポーツとも言われている分、その辺は正直にやった方が、後々うしろめたさなどなく集中してすっきり投げられますので、後々のスコア的に良い結果につながるかもしれません=正直者には運がつく(^^)!)。

・レーン上での水分厳禁!
意外と消耗するのでドリンクなどあると良いですが、水分をレーンにこぼしたり水滴がレーンに飛んでしまったりすると、オイルが中途に取れてしまう要因となり、投球者が助走時にうまく足が滑らずつんのめってしまったりと危ない状況に陥ったりも。レーン上以外ではかまいませんが、できればリスク回避の意味からもペットボトルなど蓋つきの物をお使いください。

・トイレなどに行く際は「靴を履き替える」か「シューズカバーを着用」しよう!
トイレなどレーンから離れると靴裏に水分がついてしまうことがあります。そのままレーンに上がってしまうと、ドリンク同様レーンのオイルが取れてしまい、次の投球者などが助走時にうまく足が滑らずつんのめってしまったりと危ない状況に陥ったりも。マナーとしてトイレなどでレーンを離れる際は靴を履き替えるか、簡単装着履き替えいらずのシューズカバーをはめるようにしましょう。


(*)マナーでもありませんが、ボーリングをする際は、なるべくヒラヒラしたりダボダボの服装は避けた方が好ましいかも。投げる時にボールや腕が服に引っかかってしまい投げづらいどころか、身体のどこかを痛めてしまうこともありますからね(^^;)そういう点などからも靴下同様にポロシャツなどを持参したり、中に着用されてくる方も多いですね(^^)


1から一通り教えてくれるボウリング教室を開いているところもあります。

例)ラウンドワン 週1全6回コース


その他あると便利グッズ:

・スプレー式ボールクリーナー

ボールについた油成分などを落とすボールのケア用に。

・マイクロファイバータオル
ボールについた油成分などを落とすボールのケア用に。備え付けのタオルを使っても良いですが、自前のものがあるとクリーナーを使うにしても気楽に使いやすいですよね。

・ウェットティッシュ
オイルの付いたボールを触るため、手拭き用に。

・リストバンド
レーン上にてオイルや汗で滑りやすくなった指をちょっと拭くのにも便利です。上記のウェットティッシュなどを挟み込んでおいてもOK(^^)

・シューズカバー
マナーとしてトイレに行く際など靴を履き替えても良いですが、簡単装着履き替えいらず。のシューズカバーがあると便利です(^^)

・ワイヤブラシ
次に心地よく投げるため、イベント終了後にシューズ裏のブラッシングを

・シューズキーパー
次に心地よく投げるため、シューズの型崩れ防止に

・除菌消臭スプレー
次に心地よく投げるため、シューズを清潔に保つ

・保温サポーター
肘や膝などの怪我予防用に。変に高いものよりダイソーなど100円ショップの物の方が使いやすいですよ(^^)


(*)やっていくと色々なアイテムなどが目に映るものです。ボールやキャリーバックなどもそうですが、通販などで色々と見てみるのも楽しいかもしれませんね(^^)

例:フタバボウル など

ボールに関しては購入時に穴はあいていないため、通販などで購入し近くのボーリング場やショップに持っていくと、穴をあけるドリル代が店舗により1穴1,000円から2,000円台半ばくらいかかってしまい、親指、中指、薬指の3穴で3倍の価格がかかってしまいます。出来れば購入店舗で穴はあけてもらう方がサービスでしてくれることも多く、安くすみます。その場合は多少単価が上がろうと近くのショップで購入した方が安くつくかもしれませんね。ラウンドワンなど、表ざった取扱商品は少なくとも、商品の取り寄せサービスをしてくれるところも少なくありません。


空調の整った室内で、年中いつでも気軽にスポーツ(^^)!
そんな生活も面白いのでは(^^)V





Back?




tsunaRHB

ボウリング(Bowling)